投稿

2020の投稿を表示しています

おうち着物、毎日同じでもいいじゃない?

イメージ
在宅着物、
着たきりすずめでもいいじゃない?

着物はもともと着たきりすずめな衣服
在宅着物を始めた件は以前書きました。
(その際の工夫などはこちらからどうぞ。)


で、その後も色々工夫・改善を続けているのでそのあたりを少し。


まず、付け帯を活用し始めました。
最初は兵児帯メインだったのですが、やはり結んだ部分が後ろにあると座り仕事の場合は微妙に邪魔な時がある。
そんな時、付け帯ならお太鼓の部分だけ外しておけばいい! 
いわゆるベルト状態です。 

これがかなり快適です。
以前付け帯は結構使い方が難しいということを書きましたが(こちらです) 、こんな風に使えば初心者さんも簡単に使えるかなと思います。
是非お試しください。

前結びしたっていいじゃない
で、兵児帯も作業が長引く際には、前結びにすしてみました。
これがまたいい感じ!

時代をさかのぼれば帯は紐のようなもので、最初は前結びが普通だったと言われていますし、これはこれでありかなあと思ったりしています。

というわけで、私の在宅着物はこんな感じ。
twitterやinstagramでもご紹介していますが、ゆるゆる在宅着物の参考にしてみてくださいね。



この着物は洋服地のもの。なぜかパンダのアップリケがついています。
こういうのは外に着ていくのはちょっとシチュエーションを選ぶけど、家であれば気持ちがあがりますよね。

綿の花の模様の兵児帯も洋服地のリバーシブル。



ウサギの耳付き付け帯、かわいいでしょう?
グレーも持っています。



見た目は派手ですが、むしろこのくらいの方が着物を選びません。


前結びにトライ。これはこれでありでしょ?




あなただけの普段着物コーデ、おつくりします。

着物警察、遭遇したことありますか?

イメージ
着物警察になんか負けない。
だって自由に楽しめばいいんだもの。
着物警察、会ったことある?
白状すると、実は私は一度もないんです。

よく聞きますよね。
好きに着ているのに、知らない人にあーだーこーだ言われたってお話。
勝手に帯を直されたり、こうであるべきとお説教されたりとか。
好きな着物を好きなように楽しんでいるのに、考えるだけで気持ちが滅入るのわかります。


で、ちょっと考えてみたのです。
どうして私は着物警察に遭遇したことがないのか。

見た目が怖いから、とかいう意見は受けつけません(きっぱり)


初心者感が原因?
実は、私、洋服MIXとかしたことがありません。たまに足元が悪い時はブーツを履いたりはするけど、以前の記事にも書いたようにむしろ歩きにくいのであまりやりません。

そういう意味では割と普通のルールで着ていると思います。

それから、紬とか綿とか麻とかのおしゃれ着が多いです。訪問着とか付け下げとかフォーマルはあまり着ません。着るとしても、どっちかというと自分に合うようにアレンジしたり帯で遊んだりするせいか、あまりフォーマル感というかしゃんなりした雰囲気はないみたいです。
繁華街を歩いていると、よく「これから出勤ですか?」とか聞かれるといえばイメージしてもらえるのではないでしょうか(涙)

つまり、なんとなく玄人っぽいらしいのですね。


つまり怖く見えてるのじゃないの?、という意見も受け付けません。(きっぱり)


思い込みに負けないでいい
たぶんですが、着物警察の方って、しっかり着付けとか学んだり、花嫁修業的にルールとして覚えた人が多いのではないかと思います。だから「これが正しい!」っていうのが強いし、「間違っているから教えてあげないと!!」という意識が強いのかなあと。いや、それって勘違いでしかないんですけど。

その”教えてあげなきゃ”スイッチになるのが、初心者っぽく見えてしまったり、ルールを知らない人のように見えてしまう、なのではないでしょうか。
私の着付けも実は結構手抜きカジュアルですが、玄人っぽく見えるせいで、個人の勝手として認識されているのかな、とふと思いました。電車の中でおばさまにナンパはされても、文句は言われないし(笑)

某コロナウィルスで自営警察で嫌な思いをしている人も多いと聞きます。着物警察も似たようなもの。
 「正しい」を振りかざしていないかお互い気を付けたいですね。



あなただけの普段着物コーデ、…

着物着た後、自分で洗えるの?手入れどうしてる?

イメージ
着物の手入れ、なやんでいませんか。
自分なりの方法見つけましょう。
着物の二大悩み、「着付け」と「手入れ」
着物は着たいけど、二大悩みが「着付け」と「着た後の手入れ」。
着付けは習えるけど、着物の手入れって結構悩むポイントですよね。

以前、正絹の着物をそのまま洗濯機に突っ込んじゃって(!)縮みまくったという話も聞いたことあるし、だからといって毎回クリーニングに出すのは予算的に厳しいっていうこと、よくあると思います。

そこで、ここでは私がどうしてるか、をちょっとご披露してみますね。


単衣の着物は自宅で洗う!まず、私は単衣の着物は自分で洗います。
綿の浴衣、麻の着物、場合によっては正絹もです。

理由は、基本的に汗さえ抜いておけば黄変もしないし、着物が長持ちするから。
むしろ汗が染みたままクリーニングに出す方が安心してしまって後から大変だからです。
(クリーニングは油の溶剤で洗濯するようなものなので、水溶性の汚れにはほとんど効果がありません。だから、わざわざ汗抜きとかオプションでやるわけです。)

ただ、これは私が着物の悉皆の勉強をしたことがあるからなので、不安だったらちゃんと信頼できるクリーニング屋さんに相談した方がいいです。
しっかりしたクリーニング屋さんなら、ちゃんと汗対策もしてくれます。

正絹の着物の場合基本的にたたんで水を通すだけです。ごくごく薄く洗剤を溶かして洗う場合もありますが、絹の繊維は縮みやすいので長い時間水につけておくと単衣といえどもサイズが狂ってきます。
おすすめは浴槽に水を10cmくらい貼って、たたんだ着物を静かに沈めてそのまま上げて、バスタオルなどで水分をとったら陰干しする方法です。
脇だけに霧吹きする方法もよく言われますが、輪ジミになりやすいので全体を付けた方が危険が少ない、と私は思っています。
乾いたら当て布してアイロンをかけます。
伸びやすいので、くれぐれも布を引っ張らないようにするのがコツです。

(慣れていないと形を崩しがちですので、万が一でも後悔しない着物で自己責任でやってください。不安なら無理にせず、ある程度着倒したら解き洗いに出した方がよいでしょう。)

綿の浴衣や麻の着物私は洗濯機で洗っちゃってます。最近の洗濯機は手洗いモードもあるし問題ないですよ。
(昔の二槽式の方はちょっと試してからの方がよいかも・・・)

強い味方がこれです。



くるくる巻いて洗うから型崩れなく、手洗いモ…

着物でリモートワーク、始めました

イメージ
着物で在宅
はじめました。
着物で在宅仕事、ありじゃない?
コロナの影響でリモートワークが増えていますね。
本業はIT系のフルタイムワーカーな私、ん?ずーっと家で仕事するなら着物でも大丈夫なのでは??

というわけで、こんな感じで早速始めてみました。 




着物は年齢関係なく長く着れる、なんて幻想です

イメージ
若いうちにしか
着れない着物はある。
くやむ前にがんがん着ておこう。
着物は一枚あればずっと着られるの?
着物は歳を重ねてもずっと着れるので、どうせならいいものを購入しましょう、みたいな話を耳にしたことはありませんか?

確かに着物って洋服に比べるとサイズ感はゆるやかだし、おばあちゃんやお母さんの着物も、身長問題があまりに大きくなければ着れます。リサイクルも盛んですし、ある意味タイムレスな衣装として認知されているんじゃないかと思います。

でも、実はそうでもないんですよね。


若いから、とかわいげ着物を勧められる理由
例えば、茶道のお稽古をしていらっしゃる方なら、最初の一枚として小紋とか色無地をあつらえることが多いのではないかと思います。その際に「若いうちしか着られないんだから、明るい色がいい」みたいに勧められませんでしたか?
自分が紬みたいなシックなものが着たいのに、やたらかわいらしい感じのを勧められたとか、割とよく聞くような気がします。

これ、別にご年配の方が若い人に期待して言うんじゃないんですよ。本当に、若いうちしか着れない色柄、あるんです。例えば、色無地なんて鮮やかな色合いのものは、アラサーアラフォーになると似合わなくなります。リサイクル店にある色無地ってローズピンクとか多いでしょう?

別に、鮮やかな色柄だって年齢を重ねて着ちゃいけないわけじゃないですよ。そんなルールもないですし。
でも、人によっては(例えば私)かなり痛々しくなるので、できたら避けたほうが無難だと思います。
あわせる帯である程度トーンを落とすことも可能ですが、それでも限界はありますから。

ついでに言うと、袖も長めは似合わなくなります。
歳をとったからと袖を短くする方も実際にいらっしゃるくらいです。(余談ですが、袖丈は身長や年齢に合わせて調整するのが普通です。49cmに決まってます!なんていう呉服屋さんに頼むのはやめましょうね。)

帯位置も胸よりも下げた方が大人っぽいです。着物でも若作りってあるので気を付けたいものです。
レースやフリルよりむしろイタく見えちゃうから。

着物はその一枚を変化させることができるもの
なにを言いたいかというと、年齢によって着られなくなる着物があるので、着ておいた方がよいということです。
特に鮮やかな色合いやかわいい文様のものは、着れない時期になってから着ておけばよかったなあ、なんて思っても後の祭りです。
大事に…

着物は高い?それとも安い?改めて考えてみる。

イメージ
ちゃんと準備すれば、着物は安い。
その後にヌマ(沼)が待ってるけどね(笑)
着物は高い?安い?
着物は高いのでしょうか、安いのでしょうか。

twitterでもこの議論は定期的に盛り上がっていたりしますね。改めて考えてみました。

最初は高いと思っておくほうがいい
いろんな意見があることは承知で言います。
基本的に着物はそこそこ高いもの、とはじめは考えておくほうがよいと思います。

なぜなら、着物は「着物と帯」だけでは着れないからです。(現代風に洋服とMIXする方法もありますが、今回は割愛します。)

そうすると、色々必要なのです。いわゆる専用グッズを襦袢、肌着、半襟、帯締め、帯揚げ、下駄や草履、帯まくら、クリップなどなど。普通に着物を着ようと思ったら、最初はそれなりにそろえなければいけません。これが結構馬鹿にならない。それで「あれ?高いんじゃない?」ってなりがち。

基礎ができればあとは簡単
でも、心配しなくても大丈夫です。

高いと感じるのは最初だけです。
一旦、ひととおり着られる環境とグッズをそろえてしまえば、フォーマル以外ほぼどんな着物も着られます。

例えていえば、1本自分にあうデニムがあれば、トップスはユーズドのTシャツでもシルクのブラウスでも着れるでしょう。そんな感じです。

そういう意味でも、私はまずは自宅や実家を探索して使えるものを探すことを推奨しますし、それを元に「着た切り雀セット」の製作を力いっぱいおすすめしているのです。

基本の「着た切り雀セット」があれば、後はそれをベースにしていろいろ楽しめます。
着物を着れるようにさえしておけば、数百円数千円のリサイクルや頂く着物で簡単にやすーく着物ライフが楽しめるわけです。

これがいわゆる着物ラバーによる「着物は安いよ」の正体だと私は思っています。

→「着た切り雀セット」についてはこちらの記事でどうぞ



あなただけの普段着物コーデ、おつくりします。

帯揚げなしで、気楽に名古屋帯を結びませんか?

イメージ
帯あげなしで名古屋帯を結ぶ。
もっとお気楽にやりやすい方法で
着ていいんだよ。

帯揚げの処理って面倒じゃない?

半幅帯は便利ですが、どうしても見た目がカジュアル寄りになるのが気になるときありませんか?
それに、私がデカ女だからかもだけど、半幅帯だとお尻の大きさが目立つような気がするんですよね、これは私だけかもだけど。

名古屋帯も慣れてしまえばそこまで結ぶのに時間はかかりませんが、結構めんどうに感じるのが帯揚げじゃないでしょうか。
急いでいて上手く処理しきれないままだと、例えきれいに着付けていてもぐちゃぐちゃした着姿に見えがちなのが痛い。
それに夏などは帯揚げ一枚だけでも暑さを感じやすいのもマイナスな気がします。特に今年の夏は暑かったですからね。


「帯揚げなし名古屋帯」で名古屋帯を普段使いする

半幅帯の気楽さと、名古屋帯のフォーマルさ。
この二つをどうにかいいとこどりできないものかと考えて、はい、生み出しましたよ。

名付けて「帯揚げなし名古屋帯」!

やり方は簡単です。

1.見えてもかわいい腰紐を用意します。
滑りにくくほどけにくい綿素材がおすすめです。

私は着物の色柄に合わせてこのあたりを使っています。







2.普通なら帯揚げ&仮紐を通して帯を背負って形を作りますが、その代わりに準備した腰紐を二つ折りにして、二重にして腰紐を帯に通します。


こんな風に二つ折りにして、後ろのお太鼓を作る部分に通します。
(ここでは半幅帯で撮影しています。)



3.二重にした輪の部分に反対側を通し、ぎゅっと締めます。

 この半分にした輪の部分に通します。お帯部分を背中にして通したところが前側。
真ん中に身体があるイメージです。

ここでぎゅーっと引っ張ります。

ここ重要!
輪に通しているので、引っ張るだけでしっかり締まるのです。


4.帯揚げをきちんと結んで完成!

右もしくは左脇で結んで帯の間にしまいます。


こんな風にちょうちょう結びにして見せても可愛いです。






無地ならこんな感じで帯に沿わせて見せれば帯揚げ風。
下着っぽくない腰紐なら、ちょっぴり見えてもおかしくありません。








なお、帯結びはお太鼓結びだとぺったんこになるので、銀座結びとか角出し系の結び方がお勧めです。


いかがですか?
帯揚げがなくてむしろすっきり見えるし後処理も楽ちん。
ちらりと見える腰紐も色々選べばむしろ隠れたお洒落にもなります。
なにより、帯揚げの部分がないので、携帯などもするっと帯に入れら…

このブログの人気の投稿

着物はタンスじゃなくて、クローゼットにしまおう。

着物に洋服の靴はむしろ疲れるというお話。

帯はベルトじゃありません。