投稿

11月, 2018の投稿を表示しています

半幅帯は浴衣用だけにあらず。

イメージ
  半幅帯は、浴衣だけじゃない、 むしろ万能な最強帯。   半幅帯は浴衣用だけじゃない 半幅帯って、浴衣のイメージが強いですよね。 なんとなく浴衣以外に使っちゃいけないみたいな。 そんなことありません。 普段着のウールや木綿、正絹や献上などの半幅帯なら小紋にだって、フォーマルな意味での「和服」でなければ普通に使っていいんです。そもそも単なる帯の種類、でしかないんですから。 浴衣とセットで売ってるのがメジャーなせいか、裏表色が違うぺらっとした帯しかイメージにない方も多いみたいですが、あれはあくまで浴衣用の単帯。着物と同じで裏のついてる、もっとしっかりした半幅帯はたくさんあります。 私が使っている半幅帯いろいろ 私のヘビロテ帯二本。木綿です。シーズン問わず使います。 こちらもかなりの登場回数の博多献上の半幅帯。浴衣からウール、小紋にだって使います。 博多献上は織り方の名前で、ハリがある生地は形が整いやすく初心者にも扱いやすく人気があります。布を半分におって縫ってあり、袋状であることから小袋帯とも呼ばれます。 アンティークの帯を崩して半幅帯にしたもの。昔はお気に入りの着物が傷むと帯にしたりして長く愛用する人も多かったんです。今でいうリフォームですね。 なにより、半幅帯は、結ぶときに仮紐も不要!帯揚げと帯締めがなくてもOK! 慣れれば本当に簡単なんですよ。 普段着物には半幅帯がおすすめ! 結び方だって、文庫だけじゃありません。お太鼓みたいに結ぶことだってできます。  角出し風  貝の口 (出典:半幅結び 小久保美代子) ↑意外と自分の後ろ姿の写真を撮っていなかったので、愛読している本から写真を拝借しました。 角出しなんて一見名古屋帯と見分けがつかないとは思いませんか。上でご紹介したような、シックな半幅帯で結べば、お食事会くらい余裕です。 自分にあった結び方をいくつか見つけたら、それだけ覚えちゃえば普段着物生活には困りません。面倒なら毎回適当でもOK(笑) 帯って別に〇〇結びっていうのにとらわれなくていいいんですよ。スカーフだってそうでしょ? ベルトじゃないんだから 、緩んでこなければいいのですから。 半幅帯は着物界のデニムみたいなもの

実は付け帯は難しい。

イメージ
付け帯は、むしろ上級者むけ。 ゆめゆめ夢を見るはむしろ遠周り。 着物を着ようと思ったときのネックのたぶん90%以上は帯結びでしょう。 帯結びできない=自分は着物が着れない、と思っている方はかなりいらっしゃるように思います。 付け帯の誘惑 そんな初心者が着物を着ようと思ったとき、まず手を出してしまうのが「付け帯」です。 浴衣用の安価な「付け帯です!」って主張しているようなものはさすがに論外としても、古着でも意外と付け帯って見つかりますし、手持ちの帯を付け帯にしてくれるサービスなんかもあって、これだ!って思ってしまうんですよね。 あの面倒な帯結びに悩まなくていいなんて! と思うと、本当に便利に感じてしまう。うん、よおーくわかります。 付け帯には色々な形状がある    付け帯色々 お太鼓部分と胴の部分が分かれているタイプ。  一体型。黄色いのは半幅帯。  きらきらの洋服地で作られているこんなものも。 他にも、お太鼓部分も一枚布で、普通の帯結びのように後ろのは結ぶタイプまで色々な種類があります。 付け帯は、上級者になってから使おう   なにを隠そう、実は私も最初は「付け帯があれば楽ちんだよね!」って色々買い集めました。 上の写真でお分かりのように、結構持ってます。 でも、だからこそ言います。付け帯は初心者にはむしろ難しいって。 理由は簡単です。着姿がきれいに決まりにくいから。 さらには普通に着つけたときとは違う、あり得ない形に崩れてきて恰好悪いからです。 着物は折り紙みたいに、一枚の布を折って体に沿わせる衣服です。それをパーツパーツで身に着けると、あり得ない場所に結び目が来たり、変なところに帯締めが通ったりしてしまう事故が起こります。それをクリアするにはむしろ着付けや帯結びの知識が必要だったりします。 それに、布を折りたたむことで、重なる部分の摩擦があるから、ギューッときつく結ばなくても崩れにくいのです。 でもばらばらにパーツで身に着けるとその摩擦が少ないので崩れやすくなっちゃう。普通なら帯の布で巻き付けるところがせいぜい紐なんですから、さもありなん。すぐに緩んできます。その着姿をきれいに直すにもテクニックと知識がいります。

このブログの人気の投稿

着物に洋服の靴はむしろ疲れるというお話。

帯揚げなしで、気楽に名古屋帯を結びませんか?

着物はタンスじゃなくて、クローゼットにしまおう。