「#乳がんになったら着物」タグ誕生秘話

乳がんになってもおしゃれしたい、なら着物が最適なはず。
最近の私の主張はこれ一本です。


今年乳がんが見つかりました。

ステージ1の浸潤がんの状態で、がん細胞を取りきるまでに結局三回手術を受けました。
ありがたいことに全摘は避けることができ、少し小さくいびつにはなりましたが、とりあえず温泉でびっくりされないくらいには残ってます。

たかが胸、されど胸。
やっぱり洋服の時は、胸の形が出る衣服はやっぱり少し気になるかなあという感じで、すっかりゆるゆるシルエットばかりになってしまいました。
お洒落気分ももう一つ上がらないのが正直なところ。

そんな時、はたと気づきました。
着物、胸はあんまり関係なくない?
むしろペチャパイ、寸胴が推奨される世界です。

さらにはいつもこのブログで言ってますが、着物は着ているだけでほめられる衣装。
鮮やかな柄ゆきも色も気分を上げてくれるし、リンパあたりを切ってちょっと動きに支障を与えても、むしろゆったりした動きが優雅に見えること請け合いです。
日本人だけでなく海外の方だって、エキゾチックでサイズを選ばないドレスは喜ばれるに違いない。


思いついたが吉日。
 #乳がんになったら着物 タグを作ってみました。
こういうことを叫ぶことで誰かの気づきになったらいいし、もし着物屋さんなどで賛同いただける方がいたらぜひご連絡頂けたら嬉しいです。




とりあえずできるところから、動いてみます。


ここからはメッセージ:

If you are a breast cancer survivor and grieve your breasts, I recommend Japanese Kimono.  Kimono, a traditional Japanese costume, doesn't expose the silhouette.,and very beautiful dress. Please contact me if you are interested. I'll help you.

もしあなたが乳がんサバイバーで胸について悲しんでいるなら、着物がおすすめです。日本の伝統の衣装である着物はシルエットをむき出しにしませんし、何よりとても美しい衣服です。もし興味があればご連絡ください。



WEBメディアでサバイバー体験記連載中です。
「50代。乳がんサバイバーになりました。」

#乳がんになったら着物




あなただけの普段着物コーデ、おつくりします。

コメント

このブログの人気の投稿

帯はベルトじゃありません。

着物はタンスじゃなくて、クローゼットにしまおう。

着物の時は歩き方を変えるべし。